そしてまたあの草原へ 20170702、20170709

7/2
そろそろクロシジミ出てないかなぁってことで山梨県の草原へ。

ポイントに着くと現地常連の蝶屋さんとお会いする。
まだここでは見つけてないとのこと。
その後アサマシジミなどを探すもアサマはすでにピークを過ぎていた。
ヒメシジミはまだまだ新鮮だ。

ヒメシジミ♂
a0338085_21234227.jpg

アサマシジミ♂
a0338085_21271313.jpg
アサマシジミ♀
a0338085_21281830.jpg
さてクロシジミ。
その蝶屋さんの知り合いの人が採ったとのことでそこへ。
しばらく探してみるもみつからない。。。やっぱりまだ少ないのかな・・・と思っていたら・・・居た。
しかも♀は擦れてる(^^;;

クロシジミ♀
a0338085_21311448.jpg
逆に見つかった♂2頭はわりと綺麗(^^;;
a0338085_21332683.jpg
a0338085_21350010.jpg
しばらく待ったものの開翅はしてくれず(涙

ここは通常型と白いのが半々くらいで混在する印象。

とりあえず目的種のクロシジミを撮影できたので草原周辺の森林でのゼフ探しに切り替えた。
今年は昨年とは違い例年通りかそれより遅い印象。

ぜんぜん擦れてないウラゴマダラシジミ♀
a0338085_21422721.jpg
a0338085_21440503.jpg
栗の花は咲き始めな感じでまだまだ開花は先になりそうな木もあった。

昼過ぎから日差しが出てきて暑くなったきた。
こうなるとテリ張りし始めるエゾミドリシジミも葉陰に隠れたりしてしまう。
a0338085_21475139.jpg
それでも14時を過ぎる頃から他の蝶に反応してるして活動しはじめた。
a0338085_21500448.jpg
日差しが強すぎて閉翅のままだったが、日が陰ると開翅した。
が、いかんせん高すぎである(号泣
a0338085_21530054.jpg
a0338085_21551241.jpg
a0338085_21571242.jpg
さすがにまだ出始めなのか個体数が多くなく卍巴飛翔などはみられなかった。
その後あまり飛び出さなくなってそろそろ終わりかな・・と思っていたら近くのそんな高くないところでも
テリ張りしてるではないか。
そんなに高くないとはいっても見下ろすわけでもないので良い角度にはならない。
がんばってなんども撮影する・・・エゾミドリだと思いながら・・・。
しかし自宅で確認すると。。。。これエゾじゃないやん・・・メスアカみたいだ(^^;;;
a0338085_22040304.jpg
a0338085_22054419.jpg
このポイントでは初めての出会いだったのでとてもうれしかった。

そして一週間後・・・


7/9
M28さんがクロシジミはまだ未見だということなのでポイントをご案内。
先週教えてもらった場所へ行ってみると・・・クロシジミはボロ個体ばかり(><;)
その中でようやくきれいなオスの個体をみつける。

a0338085_17154247.jpg
やはり開翅は無理でした(^^;;

その後で偶然現地でお会いしたTさん夫妻にクロシジミがいた場所を教えていただいて行ってみると、
新鮮な白タイプの♀を3、4頭確認。
a0338085_17193677.jpg

別ポイントのミヤマカラスシジミが気になったのでちょっと遠いものの行ってみたが・・・・未発生なのか
全くみつけることができなかった。いつもならたくさん飛んでていてもいいはずなのに・・・。

ここの場所はなんとなく年々蝶が少なくなって来てる気がするけど。。。気のせいならいいなぁ。

今度は前週ゼフを確認したポイントへ。
相変わらずエゾミドリは高い位置でのテリ張り(^^;;
a0338085_17254905.jpg
結局前週確認できたメスアカミドリシジミはみつけられず・・・

というわけで久しぶりにぼっち探索ではなかったのですが、やはり蝶談義しながらの探索は楽しいのです(^^)
M28さん、Tさんお世話になりました。

[PR]
by daron03x | 2017-07-15 17:31 | 蝶々 | Comments(0)